HOMEイカす麺たち五島うどん

長崎の新鮮素材

五島うどん

五島列島で生まれ、育まれた五島うどん。
五島列島の島々に食文化として残る五島うどんは約300年の歴史があると言われています。


また、五島うどんは、「秋田の稲庭うどん」、「群馬の水沢うどん」とともに日本三大うどんにひとつと称され、最近ではTVの露出度が高まり、全国的な人気として拡がっています。


上五島を中心として、現在約25軒の五島うどん製麺業者があり、そのうち6軒ほどが昔ながらの手延べうどんを製造。


作り方は小麦粉に塩水を混ぜ合わせたものに椿油を塗りながら二本の棒で引き延ばす、そうめんに似た技法です。
天日干しして乾燥された五島うどんは、独特のコシと滑らかな食感を持った製品として出荷されています。


この手作りの手延べうどんは生産量が少なく、“幻のうどん”とまで言われています。



五島うどんの食し方

[地獄だき]

通常のうどんはもちろんですが、五島うどんの召し上がり方で、地元で親しまれてきたのが、“地獄だき”という付け汁でいただく調理法です。


鍋にお湯を沸騰させ、五島うどんを入れ、うどんが煮えてきたらつけ汁でいただきます。つけ汁はみりん醤油でもよく、アゴの煮出し汁を加えると一層美味です。


この食べ方は古くから地元で親しまれ、大勢の人が鍋を囲みながらいただく素朴な料理です。

この他にも五島うどんの調理法として以下のメニューが紹介されています。


■五島うどんの色んなメニュー
・コンビーフの焼きうどん
・うどんグラタン
・ジャージー麺
・麻婆うどん・・・etc


五島うどんの里

[五島うどんの里]

五島うどんの古里へ行くなら、ぜひ訪ねてみたい施設です。


日本三大うどんの一つといわれる「五島手延うどん」の製造工程の見学や、製造体験が楽しめたり、五島うどんの直売もしています。


また、五島うどんが堪能できる食事処「遊麺三味(ゆめざんまい)」(10:00-14:00)も営業。
おすすめの地獄だきは\750。
五島うどんの歴史を感じながら、製造体験ができるこの施設は、この島を訪れる観光客のみなさんにはぜひアクセスして欲しいポイントです。


お取り寄せは?

五島うどんを直接ご自宅にお取り寄せができるWebサイトを紹介しています。

五島うどん

うまか食品

五島うどんを全国どこへでも配送
当日正午までに頂いた注文は翌々日にお客さま宅にお届け!
うまか食品 五島あすなろ会

五島うどん

ますだ製麺

長崎県・五島列島の潮風香るふるさとの味五島手延うどんを皆様にお届けいたします。
五島うどん製造販売ますだ製麺

五島うどん

手延工房さかい

『家庭の味』『母さんの味』を大切に引き継ぎ、椿油と天然の塩で五島うどんを作っています。
手延工房さかい

五島うどん

太田製麺所

創業大正8年。うどん一本一本に真心を込めた「太田の五島うどん」を是非お召し上がりください。
うまいうどん 太田製麺所

五島うどん

長崎五島うどん

五島の塩、椿油、こだわりの原料で麺匠たちのそれぞれの秘伝を結集して生まれた五島手延べうどん
長崎五島うどん

五島うどん

手延べ麺工房 こんどう

手延べ麺工房こんどうでは、椿油、五島塩の素材に拘り、工場から直接皆様へお届けしています。
手延べ麺工房 こんどう

五島うどん

江口元手延製麺

五島手延べうどん「有川そだち」の美味しさは、五島の自然乾燥に適した潮風や、清涼な水、自然塩、島に自生する椿から取れる良質の椿油に育まれています。
江口元手延製麺

五島うどん

五島うどん本舗

五島の自然が育んだ最高の天然素材を使用。引きの強い厳選された小麦粉と、時間をかけた製法で極上のシコシコとした腰のある麺を提供しています。
五島うどん本舗


このページのトップへ

サイト運営者

サイト運営者のこちです。
出身地:長崎市
好きな食べ物:ちゃんぽん、皿うどん(細麺)、ごんあじ、いわしのかんぼこ
長崎生まれの長崎育ち。
小さい頃から長崎のソウルフードに親しみ、長崎のグルメ、食材をこよなく愛する一人です。
また、以前は釣りにも興じ、真鯛の5sを上げたことも。やっぱり、釣りたてのお魚は美味しいですね!



森永のおいしいコラーゲンドリンク


人気アクセスランキング

2017年11月
 佐世保バーガー

 長崎びわ

 小浜ちゃんぽん

 4位 旬さば
 5位 ちゃポリタン
 6位 トルコライス
 7位 長崎のお酒
 8位 長崎かんぼこ
 9位 長崎の饅頭
 10位 長崎皿うどん

11月は3位から変動があり、小浜ちゃんぽんが旬さばと入れ替りました。ちゃポリタン、長崎のお酒がランクアップ。うれしーい!長崎皿うどんが3ヵ月ぶりにベスト10に。
この季節、かんぼこで長崎おでんをどうぞ!



リンクガイド

このページのトップへ