HOME長崎のお酒麦焼酎「壱岐」

むぎ焼酎「壱岐」

玄海酒造「壱岐焼酎」

壱岐は玄界灘に浮かぶ浪漫の島として知られています。島でありながら平地が多く長崎県でも有数の穀倉地帯となっており、米や麦が盛んに取れていました。


その麦を原料に独特の製法を生みだし壱岐焼酎が生まれました。この歴史は古く16世紀頃より生産されており、麦焼酎発祥の地といわれています。


このことからWTO(世界貿易機関)が酒類の地理的表示を制定。原産地を特定して世界的に保護しようとする制度はスコッチ、バーボン、コニャックなどと並び日本の原産地として壱岐焼酎が指定されました。


むぎ焼酎「壱岐」の特徴

むぎ焼酎壱岐は、原料を大麦2/3に対し、米麹1/3を使用した壱岐独特の製法で作られています。麦のふくよかな香り、そして米麹を使用することによる天然の甘味が特長となっている本格的な焼酎です。


さらにもう一つの特徴は、むぎ焼酎壱岐の多くが貯蔵熟成酒だということです。焼酎造りの伝統といわれるかめ貯蔵をはじめオーク樽貯蔵などで熟成していることです。


・かめ貯蔵酒 「瀧泉」、「一支國いき」、「一支國」
・樫樽貯蔵酒 「壱岐スーパーゴールド22」「壱岐スーパーゴールド33」
       「松永安左右エ門翁」、「海賊王」、「原の辻」


むぎ焼酎「壱岐」

[壱岐スーパーゴールド22]

むぎ焼酎壱岐は本格焼酎として広く知られるようになり、その人気も全国区となっています。ウイスキーやブランデーなどと同じ蒸留酒なのでオーク樽などに貯蔵して熟成させることができます。このことで華やかな香りと滑らかな舌触り、そして悪酔いしないお酒として多くの人たちに愛飲されています。
その中でもおすすめなのが「壱岐スーパーゴールド22」です。スペインでシェリー酒に使用したホワイト・オーク樽に貯蔵し、熟成させた本格焼酎となっています。オーク樽で貯蔵したことにより琥珀色の輝きを放つ芳醇で華やかな香りは焼酎とは思えないコクのあるお酒となっています。

・アルコール度数 22度 ・おいしい飲み方 オンザロック 


数々の賞を受賞

モンドセレクションを受賞
「瀧泉」は玄海酒造の創業時から使用していた銘柄です。創業以来この銘柄を復刻させ、かめ貯蔵による本格焼酎「瀧泉」が誕生しました。この「瀧泉」は、商品の品質を選ぶ基準として世界的に有名なコンクールとして名高いモンドセレクションで7年連続で金賞受賞という栄誉を受賞しました。


この他全国鑑評会においても福岡国税局平成24年度酒類鑑評会での「金賞」など、数多くの賞を受賞しています。



このページのトップへ

サイト運営者

サイト運営者のこちです。
出身地:長崎市
好きな食べ物:ちゃんぽん、皿うどん(細麺)、ごんあじ、いわしのかんぼこ
長崎生まれの長崎育ち。
小さい頃から長崎のソウルフードに親しみ、長崎のグルメ、食材をこよなく愛する一人です。
また、以前は釣りにも興じ、真鯛の5sを上げたことも。やっぱり、釣りたてのお魚は美味しいですね!



人気アクセスランキング

2017年9月
 佐世保バーガー

 小浜ちゃんぽん

 長崎びわ

 4位 旬さば
 5位 トルコライス
 6位 ちゃポリタン
 7位 長崎吉宗
 8位 角煮まん
 9位 長崎卓袱
 10位 長崎のお酒

9月は1-3位は変動なし。旬さば、長崎卓袱が各1ランクアップ。角煮まんが12位からベスト10入りしました。長崎の秋のごちそうをお召し上がりください。



リンクガイド

このページのトップへ